仮想通貨?怪しくない?大丈夫?不安でいっぱいのあなたへ|基本のき

ノンカテゴリ

仮想通貨?怪しくない?大丈夫?不安でいっぱいのあなたへ|基本のき
旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸

仮想通貨?何それ?怪しくない?
…はい。私もそう思っていました。だってそうですよね。”仮想”の通貨なんですから。そもそも実際に存在していないお金っていうのが意味が分からなかったです。正直、怪しいと思っていました。実際、少し勉強した今でも”仮想通貨”というカテゴリーで見ると怪しい通貨はあります。しかし、仮想通貨そのものが怪しいわけではないんですね。
今回は仮想通貨について私が学んだことを順を追ってお話ししたいと思います。
”仮想通貨?何それ?怪しい!!”と思っている人にこそ読んでいていただきたいと思います。

①仮想通貨って何?

そもそも仮想通貨とは何なのでしょう。名前からは全く想像できないですよね。
仮想通貨の定義をウィキペディアから抜粋しました。

ヨーロッパ中央銀行は2012年に仮想通貨を「未制御だが、特殊なバーチャルコミュニティで受け入れられた電子マネー」と定義付けた。[1] 米国財務省金融犯罪取締ネットワーク(FinCEN)は2013年に仮想通貨を「本物のお金」の対義語と位置づけ、どの司法組織においても法定通貨としての価値を持たないものとして、ガイダンスを発表した。[2] さらに2014年、欧州銀行監督局は仮想通貨を「デジタルな価値の表現で、中央銀行や公権力に発行されたもの(不換紙幣を含む)でないものの、一般の人にも電子的な取引に使えるものとして受け入れられたもの」と定義付けた。[3]
日本では2016年に成立した新資金決済法の下では、「仮想通貨」は「物品を購入し、若しくは借り受け、又は役務の提供を受ける場合に、これらの代価の弁済のために不特定の者に対して使用することができ、かつ、不特定の者を相手方として購入及び売却を行うことができる財産的価値であって、電子情報処理組織を用いて移転することができるもの」又は「不特定の者を相手方として相互に交換を行うことができる財産的価値であって、電子情報処理組織を用いて移転することができるもの」と定義されている。

出典 http://ja.wikipedia.org

うーん…なんだか難しいですね。
ざっくり言うと、日本銀行(通称日銀)のような中央銀行から発行されていない電子マネー、と捉えたら良いでしょうか。電子マネーと言えば、Suicaやnanaco、WAONが有名ですね。細かくいうと電子マネーではないのですが、実在するものからイメージするとすれば電子マネーを想像していただきたいです。
最大のポイントは国を介していない、というところです。
普通の通貨は、国がその通貨の価値を認めていますよね。
「この丸い金属は100円だ」
「この人物が描かれたこの紙は10000円だ」
それを認める元が国ではなくなり、デジタル化したものが仮想通貨です。
たとえば、私が”さくらコイン”と名付けたコインがあるとします。
これを円やドル等の既存の通貨と交換できる仕組みがあれば、仮想通貨は作られた、と言うことができます。仮想通貨を作るのは簡単ですね。あとの問題は、使えるかどうか、つまり普及することができるかどうかです。

②なんでそんなものを作ったの?

不思議ではないですか。なぜ既に貨幣が流通しているのに、新しくお金を作るのか。何の意味があるのか。
なぜ仮想通貨を作ったかはわかりません。というのも、最初から「仮想通貨を作ろう!」と大義を抱いて開発されたものではないからです。仮想通貨が作られたきっかけは2008年にサトシ・ナカモトと名乗る人物がインターネット上に投稿した論文でした。この論文を現実化したものが現在よく耳にする仮想通貨、ビットコインです。ビットコインは世界で最初の仮想通貨だったんですね。

1
  • 日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸

カテゴリー

月別アーカイブ

旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸